2010/10/08 Fri  00:26
やはり、間違いなく貴女は乳がんです

乳腺外科の担当医師の診察受けてきました。
家族同伴との事で夫について来てもらいました。

医師の話

・乳がんで間違いなし。
・大きさはおよそ1センチ~2センチの間。
・マンモグラフィーには写りにくい場所と写りにくいタイプである事。
・この大きさになるまでには10年くらいかかっているだろう。
・この大きさなら部分切除でも全摘出でもどちらでもかまわない。
・部分か全摘かは患者自身で決める事。
・リンパ節への転移の有無は数個怪しい部分はあるが、
乳がん切除の時に同時に切除し調べる事にする。

で、私からの質問

・10年位前からというが、数年前から半年後との検診を受けてきたのに
なぜ見つからなかったのか?
・部分切除と全摘出のメリットデメリットが知りたい

医師の回答

なぜもっと以前に見つからなかったのという点については
マンモグラフィーに移りにくいという点と
触診でもわかりづらい場所である事。
貴女の場合は初期であるが初期で発見されるまでに10年くらいかかって
わかるというのはごく一般的であること。

・部分切除のメリット
一部患部だけの切除になるので乳房をすべて取り除かなくて良い。
全摘出より乳房の喪失感が少ない。

・部分切除のデメリット
患部だけを取り除く事になるが乳房は一部残るので
もしもその周辺に取り残しがあった場合再発の危険が高い。
部分切除の場合はその後の放射線の治療はセットで行う。

・全摘出のメリット
乳房を丸ごと切除するので取り残しの心配はほぼない。
また、全摘出なのでその後の放射線治療は受けなくて良い。
・全摘出のデメリット
乳房が片方すべてなくなることによる喪失感(心の傷)が強くなる恐れ。

どちらにも共通するのは、
術後、どちらにせよ乳房は小さくなるか、なくなるので
あとあと乳房の再生をするか、パッドなどを購入して補正する事になる。

今の医学では部分切除が主流になっているが、
メリットデメリット患者自身の気持ちで決めてよい。

との事だった。

なぜ、自分で決めてよいのか。
それは私が初期の乳がんだから。
まだ自分で選んでもいい段階ということなのです。

これが転移進行していた状態で見つかったら
有無を言わさず全摘出だそうです。

夫は「部分でもいいなら部分にしたら?全部取るなんてショック大きくなるんじゃない?」
と言ってくれたけど

私、即答。
「全摘出でお願いします」

医師は、
「決めるのは入院当日まででいいよ。考えてきてね」

だって。

なんで、全摘出でと即答したかって?

部分切除だと残った乳房にもしも取り残しがあったなら再発間違い無しだし
放射線治療もセットなんでしょ。
放射線なんて毎日通院だよ。
やだ。
きれいサッパリ全摘出でお願いしたい。
放射線なんて受けたくない。

はい、これが理由。

入院、手術は、順番待ちの患者さんがいるので早くて1ヶ月以上先ですとの事。
おそらく11月半ば。
決定次第連絡するとの事。

両親へは決定したら言おうっと。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/09/24 Fri  15:11
なんかまるで他人事のような私

夫は、乳がん告知に対してオロオロしてました。

で、当の私はというと。

まるで他人事のような。
いや、違うな、、なんだろう、、あ、、そうなの。。。って感じ

取り乱して泣くとか、、そんなの全然ないんだよね。
なんでだろ、、自分でもわからないの。

強がってるとかじゃないのよ。

乳がんって言われて、ショックはショックなんだけど、、、、
泣くとか落ち込むとかそういう気分じゃなくて
泣いている暇なんてないわよ!!って感じかな~。

ちゃっちゃとこの乳がんとやらを切除してちょうだい!!!
早く私の体から取っておくれ~~~
手術?
受けようじゃないの!
その後も治療あるよ。
受けようじゃないの!

そんな感じ。。

両親にはいつ言おう。。
泣くかな~、、、、、
次回の乳腺外科の先生の診察受けて入院手術の日が決まってからでいいや。
あんまり、時間が空くと、、
おろおろされたり泣かれたりしてもね。。。
まだ、言わない私。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/09/23 Thu  14:51
おろおろする相方

9月21日、乳がん宣告を受けた私。

隠しておくわけにもいきませんしね、、、、言いましたよ。。。。

私 「あのさ、、、今日の検診ね、結果出たよ。」
夫 「で?」
私 「乳がんだって。で、今度乳腺外科の先生に担当が代わるんだって。」
夫 「・・・・・・・・・担当代わるって事はまだ確定じゃないって事?」
私 「いや、確定は確定なんだけどさ、専門の科に回されるって事。
で、入院前の検査とかもう受けてきたから。」
夫 「え?もう?早くない?」
私 「うん、次回って言われたんだけどさ、病院遠いでしょ。
だから、今日検査できませんかって言ったらOKって事で。検査してきた。」
夫 「あ・・・・そうなの・・・・・・・・・どうしよう・・・・・」
私 「どうしようって、、、どうもこうも、、癌だから入院して手術なのよ」

夫、、、今にも泣きそうな顔してるし。。。。。

夫 「今まで胸とか痛くなかったの?具合悪いとかさ。」
私 「痛くも痒くもない。」
夫 「本当なの?」
私 「残念ながら、血液の反応バッチリでてるって。
少し前にさ、グリグリしたのがあるな~と思ってたのね。
でも、、骨が当たってそう感じてるのかもって思ってたから確証はなかったわけ。
検査した結果がこれだし。」
夫 「は?少し前にわかってたって??何で言わないんだよ!」
私 「だから~、痛くも痒くもないしさ、具合悪いわけでもないし、
9月の1年検診まで
あと少しだったしさ、違うかもしれないじゃない。
要らぬ心配を変える必要も無いと思ってさ。」

夫ってかなりの心配性なのです。 
私もそういうところはあるけどね、夫ほどじゃないけど。

だから、検査結果が出るまで黙っていたのです。

案の定、おろおろして泣きそうになってるし。。。。。。。

さて、次は両親に話さねば。。。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/09/22 Wed  10:50
ピルはストップ

書き忘れていた事。

がん告知のとき検査もいろいろしましたけど
そのあと看護士さんと看護士さんと面談がありました。

別室に呼ばれて入院についての説明受けました。
常用している薬、健康食品類(サプリメント)があるか尋ねられ、それらは今日からすべてストップ。
手術の際に影響しないとは限らないという理由だそうです。

で、ピルはどうしようという話になり、次回の担当医師診察の時に決めるということで
とりあえずそれまでは継続ということになりました。

私は子宮内膜症で治療法としてピルを処方されています。

次回の乳腺外科での診察は10月8日。

まだ、2週間はあるのね。。。

癌だってわかってもすぐ入院、すぐ手術ってわけでもないんだ。。。。

あ、、、そうそう、昨日、告知されたんで夫に告白しました・・・

その辺の事はまた明日。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/09/21 Tue  14:04
結果は・・・・・

検査結果を聞きに行ってきました。

 「えー、、検査の結果ですが……がんでした。」
癌の所で声ちっちゃいし・・・
 「は? が ん ですか?間違いないですか?」
 「はい」
 「あ~~~~、、、そうですか。。。」
 「で、治療法として、手術して癌摘出ということになります」
 「はい」
 「で、今後は外科から乳腺外科の医師に担当代わりますので」
 「はい」
 「で、入院前にいろいろ検査がありますので、後日予約を取っていただいて」
 「はい。え?あの~今日検査とかできないんですか?遠いんで」
 「うーん、予約状況見てみますので、待合室でお待ちください」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

告知ってこんなもんです、はい。
実にあっさりと第一声から告知、淡々と何というか事務的に話が進んだ感じです。

告知の間、医師はほぼ私の顔を見ませんでした。
「癌」て言う時、やたら声ちっちゃいし(-。-;)
電子カルテの前を見てカチャカチャやりながら話してた。。
まぁ、良い結果じゃないわけだし、顔見れないって事か。

って、、、そういえばこの病院少し前から乳腺外科ができたのよね。
できた時点でそっちに回してくれてたらもしかしてもしかしてもっと早くわかってかしら???

そんな事をボーっと考えながら待合室で待ってました。

ここで一句うかびました!

がんですか? きこえていたのに ききかえす  byすずね

字余りはスルーしてね

 「鈴音さん、お昼過ぎちゃうけど、今日時間あります?」
 「はい、大丈夫ですけど。」

お昼抜きで、血液、心電図、エコー、肺活量、CT やりました。
CTは造影剤を使うので署名が必要なんですよ。

CTはこんな感じ。
造影剤は腕の血管から流しいれます。
「液が流れてくる感じがしますよ~、一気にお尻のほうまで流れますぅ~~」
って、言われる前にすでに流れてましたけど
「そろそろお尻のほうまで流れる感じがしますからねぇ~~~」
だから、、、、もう流れてますってば

ま、そんなこんなで検査も終わり次回は10月乳腺外科の医師にバトンタッチ。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/09/14 Tue  15:02
検診行ってきた

検診行ってきました。

自己チェックでしこりを発見した事を告げて検診を受けました。

まずは触診。






医師→ 「ん?え~っと、、気になるのはどこ?」ヾ(--;)ぉぃぉぃ
私→ 「この辺です」
 「骨との間でわかりづらいところだねぇ~」
 「そうですよね?骨と勘違いもって思ってたんですが??」
 「エコーで見てみようね。
   そうだな~。。。この辺だよなぁ。。。。わかりづらい場所というか写りづらいね。。。」

大丈夫か!?この先生。。。。
が、たしかにそれらしいのはあると言うことで細胞診をする事に。

細胞診とは
→ 乳がん検査法
こちらのページの「がん細胞の有無を調べる-細胞診」の所をご覧ください。
患部とおぼしき場所に針をさして細胞を取り顕微鏡で見る検査です。

医師が針を刺し看護士さんが注射器をポンプのように引いたり押したりして細胞を吸い上げるのです。

これが

どうやら、1回目上手く吸い上げられなかったらしく、、、もう1回(キ▼д▼;)トホホ・・

やっと終わったと思ったら

 「あとはマンモグラフィー検査してってね。」

あ、、、、、それがあったか

 「検査結果は来週ね。予約とって行ってね」

マンモグラフィー撮影してその日は終了。
ちかれたび~~~~

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/08/11 Wed  13:13
珍しい場所にそれはある

怪しげなしこりは珍しい場所にあるのです。

しこりは胸と肋骨の境目あたり、、、う~~んなんと説明したらいいかな~~~

アンダーバストを計る時にメジャーが ふれる所で胸のちょうど真ん中・・・・
ワイヤー入りブラジャーのワイヤーがあたる辺りで胸のちょうど真ん中・・・

って、この説明でわかるかしら

まぁ、、その辺なのよ

しこりってどんな感じかと言いますと、、

良くたとえで言われている「梅干の種」のような硬さのヤツ。

↑ この表現、正にそのものです。

"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

けど、肋骨の骨のあたりだし、、、違うかも



テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/08/01 Sun  00:00
場所が違うから違うよね????

2008年3月に集団検診では右の乳房のわきの下に近い部分に
石灰化とよばれるしろい影のようなものが見つかった。

精密検査が必要との事で総合病院の外科で検査を受けた。
触診、エコー、マンモと一通り。
それプラス細胞診。

結果、癌ではなく石灰化でしょうとの事で
半年ごとの検診を受ける事になる。

半年ごとの検診も特に変化はなく4回目の検診の後
「ずっと見てきたけれど変化はないので問題ないでしょう。
ただし、石灰化が癌にならないとは言い切れないので
1年ごとの検診にしましょう。」
とのドクターの診断で今後は1年に1回の検診となったのだった。

2009年9月だったので次回は2010年9月。

そしてその1ヵ月半ほどの前の2010年7月、あやしげなしこりを自ら発見してしまった。。
以前からある石灰化の場所ではなくまったく別の場所に。
なぜ気づかなかったのだろう、、いつからあったのだ?????




テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/07/10 Sat  16:05
あれ、これは何????

2010年7月なかば。

お風呂で体を洗っていた時の事。

何かゴロッとしたものが触れた

風呂から上がって上半身裸のままソファに仰向けになり右手を上げて左手で触ってみる。
(チェック方法を知っている方はわかりますよね)
↓知らない方はこちらをチェック↓
乳がん自己診断法

これはもしや・・・・・・・・・・・・・・・

次の検診いつだっけ。
9月だ。

さかのぼる事4年ほど前2008年3月に集団検診で石灰化が見つかりそれ以降は半年ごとの検診を受けてきた。
2009年9月に特に変化は見られないので
今後は1年ごとの検診でいいでしょうとのドクターの判断で
次回は2010年9月になったのだった。

後1ヵ月半か~。
予約外だと待たされるしな~~~~特に痛いわけでも具合が悪いわけでもないし、、、、
9月にしよう。
それまでは誰にも言うまい。

テーマ :    ジャンル : 心と身体

プロフィール

いさお&ゆみこ

Author:いさお&ゆみこ
2010年ゆみこが右側乳がん発症。
手術・治療を通して
お医者さんや、薬にだけ頼るのではなく
自分自身でもできる事はないのかと夫婦で探求の旅に出る。

旅の途中で
靈氣という自然エネルギーのサポートで気の流れを整えて身体の自然治癒力と免疫力をアップする「直傳靈氣」と
自分自身の潜在意識の力を使って心のメンテナンスができる「3分1個、心のブロックを解除するマインドブロックバスターⓇにめぐりあう。

夫婦コンビで2012年
ぽかぽかサロン温手庵 オープン

2012年 直傳靈氣療法師
2012年 マインドブロックバスターⓇ
2013年 マインドブロックバスターⓇインストラクター
    青森校&八戸校
2013年 音霊祓師(地場調整師)初伝中伝取得
2013年 音霊祓師(地場調整師)初伝講座講師
2014年 神芝居伝道師
2015年 直傳靈氣師範格
2015年 アクセスバーズ(R)プラクティショナ―
2015年 アクセスバーズ(R)ファシリテーター

一人一人が
自分自身の力で心と体の声を聴き
自然治癒力と免疫力を呼び覚ます事が出来る事を伝えています。

ココロとカラダの不調はスイッチオフの状態。
直傳靈氣とマインドブロックバスターⓇは
そんなスイッチオフの状態から
スイッチオンの状態にします。

私達二人の手を通してスイッチ温の状態へ。

スイッチ温生活始めましょ。

2013年秋より心の自然治癒力と免疫力を呼び覚ます
3分で1個心のブロック解除マインドブロックバスターⓇの手法を使えるようになる講座を開講中♪

そして
今度は自分自身の力でスイッチ温していきましょう♪

いさお
直傳靈氣療法師師範格
マインドブロックバスターⓇインストラクター
音霊祓師(地場調整師)中伝允可 初伝講師
アクセスバーズⓇプラクティショナ―


ゆみこ
直傳靈氣療法師師範格
マインドブロックバスターⓇインストラクター
神芝居伝道師
音霊祓師(地場調整師)中伝允可 初伝講師
アクセスバーズⓇファシリテーター

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました(*^o^*) 押してもいいよって方はクリックしてね♪

かうんたぁ

訪問者数

リンク

らんきんぐぅ~


        HOME