2010/10/31 Sun  10:51
手術前日

手術前日です。

覚悟していたとはいえ、、、、
そりゃ~どきどき

前日のイベントといえば術部周辺のテイモウ
いわゆる毛剃りですわね。

脇の下のリンパも検査がてら数個とる予定なので、脇のオケケを剃るわけです。
が、私、ツンツルテーンなので無しになりました( ̄m ̄* )ムフッ♪
「あら!ないのね!なしね」

ここの病院は入浴日が決まっています。
今日は女子の入浴日じゃないんですが手術前夜は必ず入ることになっているので入浴。

夜です。
ドキドキしてまいりました~~~。

何がドキドキって、、、
乳房が片方なくなるとかそういうドキドキじゃなくて~~~
注射がイヤ~~~~
尿に管入れられるのイヤ~~~~
明日1日ごはん食べられないのイヤ~~~
とか

そんな事( ̄m ̄〃)

気を紛らせるためにこんなことしてみました
パックですが、なにか?
あまりの能天気ぶりに夫が記念撮影してくれました。

10.31パック

寝る前に下剤飲みました。
浣腸するのかと思ってた(^。^;)
飲み薬です。
夜の間にゆっくり効いて翌朝出るタイプらしいっス
出なかったりして( ̄m ̄〃)

緊張して眠れないようなら眠剤出すといわれたけれど
普通に眠くなってたんで ヾ(--;)ぉぃぉぃ
もらいませんでした。

最近は高齢者でもない限り、あまり眠剤は出さないのだそうです。

あ、そうそう、私の場合 全摘 なので術後は腕のリハビリ結構痛いらしい
-----------------^( ToT)^
あと、リマンマっていう補正下着もあるらしい。

寝る前に、病室の洗面所の鏡でお胸にお別れ。
さようなら、私の右胸ヾ(◎m◎)サラバジャ
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/30 Sat  15:45
のんびりな1日

手術は月曜なので土日はのんびりしててよいのですぅ。

昨日、こんなの渡されました。
弾性ストッキングのパンフレット
10.29ストッキング
10.29ストッキング装着パンフ

手術の日の朝から24時間つけておくんですって。

本日の食事
10.30食事1
10.30食事2
10.30食事3


関連記事

2010/10/29 Fri  15:22
1日目続き

お昼ごはんのあと。

看護士さんによる診察。

手術部位のチェック、血圧、体温

この病院は入院患者に退院まで体温計を一人一つ渡します。
退院まで自分で朝、昼、晩と体温を測り
看護士さんの見回りのときに報告するのだそうです。
で、退院時に返却。

その後、今度は患部と反対の腕にリストバンドを装着。
これは防水機能の付いた個人特定のバーコード付き。
これも退院時まで装着したままです。
10.29リストバンド

20数年前に入院した時は
体温計を各自で保管だとか
リストバンド装着だとか
そんなのなかったなぁ。。。。。。

それにそれに、今じゃノートパソコンをワゴンに乗っけて回って来るんだねぇ。。。
リストバンドのバーコードも毎回ピッて確認されます(笑)

夕方、担当医師による術前最後の説明。
家族同伴との事で夫だけでいいと思ったら母まで来てくれました。

まずは私だけ診察室に呼ばれ
もう一度、病名と病気のステージなどを聞く。
エコーで患部の確認。
その時、患部に黒マジックで印を付けられました。
で、部分切除にするか、全摘出にするか聞かれ

「全摘出で」
「お!全摘か。そうか~。部分にすると言ってきたらどういう風に切るかな~と思ってたけど。
珍しい場所だしね。うん。そうか。わかった。」
「部分でもいいんだよ。初期だしね。大丈夫?」
「取り残しとかあったら嫌だし、放射線も浴びたくないし、再発の危険が少ない方を選びたいです。」
「そう。はい、わかりました。じゃ、そうしましょう。」

その後、夫と母も交えて再度病名やら手術の事やら説明。
母ははじめて聞くのでいろいろ聞いていました。

で、術前の診察終了。

明日とあさっては何も無しです。




関連記事

2010/10/29 Fri  13:25
1日目

今日から、入院~退院までの様子を書いていきます。
予定は2週間です。
毎日書けるかどうかは体調次第という事で。

AM7:30までに病院へ来るように指示あり(麻酔科受診のため)
早いなぁ、、眠い

麻酔科到着。
ベットに横になっていてと言われたので寝てたら麻酔科医登場。
若い男性ドクター。
血圧と体温測定の後、問診。
麻酔についての説明。
あとは署名しておわり。

事務員さんに連れられて病棟へ。
病衣に着替えて待つように言われる。
その日の担当看護士さんが病棟の周りを案内してくれる。
病室に戻って荷物の整理をしていたらもうお昼。

お昼から病院食です。

<本日の病院食>

10.29食事1
10.29食事2



関連記事

2010/10/28 Thu  12:49
いよいよ入院

明日入院します。

どこまで知らせるか迷いに迷って
親戚にも知らせず(口止め)
ほんとにごくごく一部の方にだけ連絡。

知らせたのは遠方の方のみ。

お見舞いとか来られても
入院している姿を見せたくないという気持ちの方が勝ちまして。。。。

遠方なら入院中はさすがに来れないでしょって事でヾ(--;)ぉぃぉぃ

無事退院したら年末になりますし、年賀状ででも知らせようかな。。
って、、、年賀状に書いていいんだろか。。。。
電話って苦手なんだよな。。
メールもすぐ返信とかしない私なんで。。
どんだけものぐさだよ。。。
ま、退院してから考えよ。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/23 Sat  12:32
改めて報告

実は親に癌告知に行った時、
別々に行ったのでした。

私は、私の実家、夫は夫の実家という風に。

入院が早まったので私の実家へは電話で連絡。
夫の実家へは直接行っていなかったので二人で行ってきました。

一度、夫が報告に行っているので少しは気が楽でした。
が、あちらもどんな顔していいんだか困惑気味で 

なんとかなりました、、なんとかってなんなのよ~~ヾ(´▽`;)ゝ
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/15 Fri  11:52
え~~~、予定より早いじゃん!!!

11月半ばの入院予定が半月以上も早まりました

なんでなのか理由は定かではありませんが、、、、、
準備は早めにしておいてよかったです。
まあ、滅多に起きる事ではないと思いますけど。。。。。。

10月末には入院です。。。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/11 Mon  12:00
両親に癌告知

入院手術の日が決定したのでいよいよ両親に報告。

自分が癌告知された時よりドキドキ

私が淡々と事務的に
「癌になったんで入院して手術します。
手術の保証人が必要なんで署名してちょうだい」

両親、顔こわばってました。

テレビドラマみたいなお涙ちょうだいのような場面にはならず。
というか、そうならないようにしたんだけどね。
泣こうがわめこうが時計の針は戻せませんしね

こんなもんでした~

夫の実家にはもう少ししてからにします。
高齢の親ですし、、、
心の負担はなるべくかけたくない。
って、、、、癌だという時点でそうとうショックを受けさせるけど
あまり早いうちだと、、、、って事で。

関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/09 Sat  12:18
入院準備開始その2

自分の入院準備もですが、他にも準備するものがありました。

入院中の夫の身の回りのこと。

家事はほぼやらないというかできない人なので
洗濯機の使い方から教えなくちゃ。

洗濯機の使い方は手順書いて貼っておきました。
一度やり方見せたんで大丈夫でしょう

あとは食事。。。。。

朝はパンだし、昼は社食だし、夜だけか。
ごはんは1食分ずつ冷凍しておけばOK(約2週間分)
常備菜を作って小分けで冷凍しとけばおかず1品になるね。
あとは大好きな納豆と味噌汁はインスタントにしてもらって
主菜は通販の冷凍お惣菜という手もあるな。
いや、主菜はスーパーから買ってもらう事にしよう。

家事できる夫だと良かったんだけどね。。。
今更だけど( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/09 Sat  11:29
入院準備開始その1

手術時や入院に必要なものを買いました。

・T字帯
・・・病院の売店に売ってます。
・コップと曲りストロー
・・・家にあるのでいいと思うけど、持ちやすくて軽いものがいいなと思って
両手付きストロー入れの付いた赤ちゃん用のプラスチックのコップを購入。
(100円ショップ)
・肌着
・・・病院衣はあるのだけどその中に着る肌着。
介護用の前開きの肌着。
なぜ、介護用かというと、術後は決められた期間腕を上げられませんし
腕はあがりづらいのでかぶるタイプだとまずムリ。
専門店で買うもよし、私は「しまむら」(笑)で購入。
・バストバンド
・・・術後、傷口保護のためと固定のために必要です。
病院の売店で売ってます。

タオル類は家にあったものを持参。
あと、これは個人の自由だけどベットパッドシーツ。
四隅にゴムが付いたパッドタイプね。
シーツは病院で交換してもらえるけれど毎日じゃないし、汚れ防止と気分転換のため
カラフルなヤツを用意しました(落ち込まないように(笑))

あと、ピンクのハートのクッション(意味不明(^。^;))
ピンクのカーディガン

何しに入院するんだよ~~~ってそこら辺からツッコミがありましたが
自己防衛ってやつです、ハイ

あと、ラジオとか数独(パズル)とか本とか細々。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/08 Fri  11:26
必要なものその2

癌という事で忘れちゃいけないのが、医療費。

高額医療になるので申請が必要になります。

→ 高額医療費制度

私の場合、社保家なので8万円ほどが上限。

乳がんの場合、費用は約25万円(3割負担として)ですが
8万円以上は支払わなくて良い事になります。
ただし、この8万円というのは入院手術費の保険適用部分、
個室(差額ベット代)や保険外の治療部分に関しては対象外となり自己負担です。

私は、入院の説明を受けたその日に
年金事務所に(今は社会保険事務所じゃなくて名称変更してますね)
行って手続きしました。

申請するのは、手続きのその日からでも日にちを決めてからでも
1度の申請で最長1年間まで申し込めます。
(2010年10月現在)
私は最長の1年間で申請しました。
申請してから2~3日ほどで届きました。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/08 Fri  01:59
入院時に必要なもの

入院に向けての説明が入院担当の看護士さんよりありました。

病院によって違いはあるでしょうが、
私の入院した病院ではこれらが必要でした。

手術時に必要なもの
・T字帯1枚
・大判バスタオル2~3枚
・フェイスタオル2枚
・箱ティシュー
・コップと曲りストロー

T字帯は、いわゆるふんどし。手術当日から使います。
尿に管を入れるのでパンツはけませんので。
女性の場合、手術日に生理の場合は妊婦用産褥ショーツを使用するのだそうです。

大判のバスタオルは自分の体が隠れるくらい大きいサイズ。
手術の時にこのタオルを体の下に敷き患者のベット移動に使うようです。
よくテレビでやってますね、
イチニノサン!とかって一斉に患者さんを移動させるってやつ。
フェイスタオルは、頭に敷くようです。手術当日は枕なしなので。
コップと曲りストローは術日は起き上がるのはNGなので水分補給に必要との事。
吸い飲みでいいような気もするけど??


あと入院に必要なものとして

風呂道具、お箸、スプーン、筆記具。
パジャマは病院衣があるので必要なし。

私は入院が秋なので寒くないようにカーディガン、
腰あて用にクッション、ラジオ、
暇つぶし用の本、数独(パズルの一種)の本持参。

あ、、そうそう、持ってきてはいけないもの

刃物

危険回避のため、必要な時は貸し出しだそうです。

関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/10/08 Fri  00:26
やはり、間違いなく貴女は乳がんです

乳腺外科の担当医師の診察受けてきました。
家族同伴との事で夫について来てもらいました。

医師の話

・乳がんで間違いなし。
・大きさはおよそ1センチ~2センチの間。
・マンモグラフィーには写りにくい場所と写りにくいタイプである事。
・この大きさになるまでには10年くらいかかっているだろう。
・この大きさなら部分切除でも全摘出でもどちらでもかまわない。
・部分か全摘かは患者自身で決める事。
・リンパ節への転移の有無は数個怪しい部分はあるが、
乳がん切除の時に同時に切除し調べる事にする。

で、私からの質問

・10年位前からというが、数年前から半年後との検診を受けてきたのに
なぜ見つからなかったのか?
・部分切除と全摘出のメリットデメリットが知りたい

医師の回答

なぜもっと以前に見つからなかったのという点については
マンモグラフィーに移りにくいという点と
触診でもわかりづらい場所である事。
貴女の場合は初期であるが初期で発見されるまでに10年くらいかかって
わかるというのはごく一般的であること。

・部分切除のメリット
一部患部だけの切除になるので乳房をすべて取り除かなくて良い。
全摘出より乳房の喪失感が少ない。

・部分切除のデメリット
患部だけを取り除く事になるが乳房は一部残るので
もしもその周辺に取り残しがあった場合再発の危険が高い。
部分切除の場合はその後の放射線の治療はセットで行う。

・全摘出のメリット
乳房を丸ごと切除するので取り残しの心配はほぼない。
また、全摘出なのでその後の放射線治療は受けなくて良い。
・全摘出のデメリット
乳房が片方すべてなくなることによる喪失感(心の傷)が強くなる恐れ。

どちらにも共通するのは、
術後、どちらにせよ乳房は小さくなるか、なくなるので
あとあと乳房の再生をするか、パッドなどを購入して補正する事になる。

今の医学では部分切除が主流になっているが、
メリットデメリット患者自身の気持ちで決めてよい。

との事だった。

なぜ、自分で決めてよいのか。
それは私が初期の乳がんだから。
まだ自分で選んでもいい段階ということなのです。

これが転移進行していた状態で見つかったら
有無を言わさず全摘出だそうです。

夫は「部分でもいいなら部分にしたら?全部取るなんてショック大きくなるんじゃない?」
と言ってくれたけど

私、即答。
「全摘出でお願いします」

医師は、
「決めるのは入院当日まででいいよ。考えてきてね」

だって。

なんで、全摘出でと即答したかって?

部分切除だと残った乳房にもしも取り残しがあったなら再発間違い無しだし
放射線治療もセットなんでしょ。
放射線なんて毎日通院だよ。
やだ。
きれいサッパリ全摘出でお願いしたい。
放射線なんて受けたくない。

はい、これが理由。

入院、手術は、順番待ちの患者さんがいるので早くて1ヶ月以上先ですとの事。
おそらく11月半ば。
決定次第連絡するとの事。

両親へは決定したら言おうっと。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

プロフィール

いさお&ゆみこ

Author:いさお&ゆみこ
2010年ゆみこが右側乳がん発症。
手術・治療を通して
お医者さんや、薬にだけ頼るのではなく
自分自身でもできる事はないのかと夫婦で探求の旅に出る。

旅の途中で
靈氣という自然エネルギーのサポートで気の流れを整えて身体の自然治癒力と免疫力をアップする「直傳靈氣」と
自分自身の潜在意識の力を使って心のメンテナンスができる「3分1個、心のブロックを解除するマインドブロックバスターⓇにめぐりあう。

夫婦コンビで2012年
ぽかぽかサロン温手庵 オープン

2012年 直傳靈氣療法師
2012年 マインドブロックバスターⓇ
2013年 マインドブロックバスターⓇインストラクター
    青森校&八戸校
2013年 音霊祓師(地場調整師)初伝中伝取得
2013年 音霊祓師(地場調整師)初伝講座講師
2014年 神芝居伝道師
2015年 直傳靈氣師範格
2015年 アクセスバーズ(R)プラクティショナ―
2015年 アクセスバーズ(R)ファシリテーター

一人一人が
自分自身の力で心と体の声を聴き
自然治癒力と免疫力を呼び覚ます事が出来る事を伝えています。

ココロとカラダの不調はスイッチオフの状態。
直傳靈氣とマインドブロックバスターⓇは
そんなスイッチオフの状態から
スイッチオンの状態にします。

私達二人の手を通してスイッチ温の状態へ。

スイッチ温生活始めましょ。

2013年秋より心の自然治癒力と免疫力を呼び覚ます
3分で1個心のブロック解除マインドブロックバスターⓇの手法を使えるようになる講座を開講中♪

そして
今度は自分自身の力でスイッチ温していきましょう♪

いさお
直傳靈氣療法師師範格
マインドブロックバスターⓇインストラクター
音霊祓師(地場調整師)中伝允可 初伝講師
アクセスバーズⓇプラクティショナ―


ゆみこ
直傳靈氣療法師師範格
マインドブロックバスターⓇインストラクター
神芝居伝道師
音霊祓師(地場調整師)中伝允可 初伝講師
アクセスバーズⓇファシリテーター

カテゴリ

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました(*^o^*) 押してもいいよって方はクリックしてね♪

かうんたぁ

訪問者数

リンク

らんきんぐぅ~


2010年09月 ≪         HOME         ≫ 2010年11月