FC2ブログ

2010/11/01 Mon  13:27
手術日その4病室に戻る

いつの間にか病室に戻ってました。
看護士さんに声をかけられて気づきました_(^^;)ゞ

11.1手術後


痛みは全くと言っていいほど感じません。

足には弾性ストッキングの上にポンプが装着してあって
ギュッギュップシューとマッサージされております。
翌朝までマッサージですって。
安眠妨害でないかい

11.1弾性ストッキング


酸素マスクつけたままなんだけど、、息苦しいよ
身振り手振りで「苦しい、取って~」と訴えたら夫が驚いていた( ̄m ̄〃)
看護士さんは
「翌朝までつけてなくちゃだめなのよ。
苦しいなら鼻から吸うやつに変えましょうか?」だって。
最初からそうしてくれ~~~い!!!!
鼻から吸うやつに変えたら凄く楽になりました

頭にはお風呂で使う髪が濡れないようにかぶるキャップがいつの間にか
付けられてました。

うつらうつらとしていたら主治医ほか数人の医師が登場。
「鈴音さん、手握ってみて~。痛くない?」
「はい」
「あ、枕してないね。枕してもいいよ」
看護士さんが枕もって来てくれたので頭をひょいと上げたら
「お!!動かせてるね!!」と医師、驚いた様子。
Σ(- -ノ)ノ エェ!? 動かせますけど?

今日はこのまま仰向けのまま動かないで寝てろということで、、、
寝返り打てないのが唯一の不満。

と、思っていたら
足と左腕は動かしてもいいんですって。C=(^◇^ ; ホッ!

患部の腕は動かしてはいけないそうで体にくっつけたまま。
肘から手先だけは少しなら動かしていいらしい。
これは当日だけでなくしばらくこのままらしい。
傷口開くから。

また、うつらうつらとしていたらいつの間にか夕方。
また、主治医が回診にきて
「どう、手握ってみて。わかる?
うん、完全に醒めたみたいだね。OK,OK、順調だからね(^^)」

その後、今度は麻酔科の医師もチェックに来たり
看護士さんは1時間ごとに点滴と様子のチェック。
熱いタオルを持ってきてくれたので顔をふいてサッパリ(^_^)

ここまで、痛みらしい痛みはありません。 そのまま消灯。

夫は今日は付き添うと行ってくれましたが丁重にお断り。
付き添ってもらっても何もする事はないしね。
1時間おきに看護士さんは見回りに来るし。
布団の貸し出しはあるけれど床に寝るのってけっこうきついんだよ。
(泊まりの付き添い経験あるのでわかるのだ)
心配させどうしなのだからせめて家のお布団で寝てください、夫よ。

絶食だけど、夜中になったら少量の水なら飲んでもいいようなので
看護士さんが見回りのときに飲ませてもらいました。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/11/01 Mon  12:55
手術日その3 手術直後

「鈴音さ~~ん、鈴音さ~ん」と誰かの呼ぶ声。

ほぇ?と目を開けると手術用のベットから入院用のベットに移動してました。

「終わりましたよ(^^)」と看護士さん。
「予定よりも早く終わりましたよ。順調に終わりましたからね(^^)」と医師。

「はぁ。。」と言うのが精一杯。
そりゃ~麻酔から完全に醒めてませんからね。
術後は30分くらいこのままいるそうでまた眠りに落ちました。

術後、私が手術室にいた30分くらいの間に家族が呼ばれ
切り取った患部を見せてもらい説明を受けたそうです。
患部の撮影を頼んでおいたのでデジカメに取ってもらいました。
本人は直接見られないので頼んでおいたのでした。
許可さえ取れば撮影可能のようです。
あとから見るとしましょう。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/11/01 Mon  12:46
手術日その2予想は大外れ~(。・w・。 ) ププッ

手術室に入ると、手術担当看護士さんに
名前と何の手術か、どの部位なのか聞かれました。
間違いがないか確認のためね。

で、術用のベットがあるんですが、自分でヨッコイショと移動。
頭上にはテレビで見る手術用のライトがあるのね~と思ったら
すぐ意識は遠のきました 

予想は大外れでした。
手術室まで歩いていくかもとか
術用のベット移動は数人がかりで「いちにーのさん!」とかって動かしてもらうとか
術前に麻酔科の先生とかが
「数数えるよ、い~ち、に~、さ~ん、よ、、、 とか

想像してたけど~違うのね( ̄m ̄〃)
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

2010/11/01 Mon  12:31
手術

いよいよ、手術当日、おっばいともお別れ。

早朝1番の手術なので朝からバタバタと準備開始。

今日1日絶食です。。。。

まずは術着にお着替え。
ワンピースタイプの術着ですっぽんぽん r(^ω^*)))

2010,11手術着

で、 弾性ストッキングもはいて
こりゃ~かなりきついっス。。
11.1スト装着



そうこうしていたら、、、
出なかったらどうするんだろ??と思ってたけど、、出ました

その後はT字帯(ふんどし)を装着。
少量の水で安定剤を飲みました(決まりらしい)

ベットで横になっていたら医師が術前の点滴を持って登場。

なんか、針太いんですけど!?
注射嫌いなのよ。。。しかも、血管細いの、私。
医師泣かせ看護士泣かせの血管。
痛い~~~~~~~q(T▽Tq)(pT▽T)p

そのままベッドごと手術室へ 

エレベーターの前で家族としばしのお別れ。

寝てる間に終わるからねぇ~と看護士さん。

行って参ります。
関連記事

テーマ :    ジャンル : 心と身体

プロフィール

いさお&ゆみこ

Author:いさお&ゆみこ
はじめまして(^▽^)
ぽかぽかサロン∞温手庵∞いさお&ゆみこです。

ブログは2010年にゆみこが乳がんを発症。

ガンの3大標準治療と言われている
手術、放射線、抗がん剤のうち、手術と抗がん剤を体験。

その経験から
病気のことを知り、病と向き合うための選択肢は
たくさんあると知りました。

2012年には いさおが職場の人間関係のストレスから
「軽うつ」状態に。
※「軽うつ」とはうつ病と診断されていないが、それに近い状態。
その数は全国で300万人と言われています。

以来、二人で自然療法で心と体の回復を目指そうと玄米魚菜食実践中。

自然治癒力アップのために直傳靈氣療法を学ぶ。
その後、ヒーリング、アロマ、カウンセリングなどを学ぶ。

薬には副作用があります。
投薬治療を選択するなとはいいませんが
免疫力は下がります。

自己免疫力や自然治癒力をあげるには
食生活の改善や、気持ちの持ちようも大事です。

投薬治療にだけ頼るのではなく
自然療法も上手に取り入れて病と向き合っていきませんかo(*^▽^*)o

ココロとカラダの不調はスイッチオフの状態。
そんな私達のスイッチオフの状態から
スイッチオンの状態にしてくれました。

2012年 ぽかぽかサロン∞温手庵∞ オープン

私たちと一緒にスイッチ温生活始めましょ♪ということで
体験会、個人セッションを開始。

どちらも、身につけるとセルフケアと他者ケアの両方ができます。
私達がこれらのケアを学び実践していく中で
ご自身のケアと、身近な方へのケアもできる人が増えてほしいと願い

トータルで
「整える」をテーマに
現在はインストラクターとして

まずは、ご自身の心と体の
治癒力免疫力をUPし整える

住まう場所の浄化もし環境も整える

ツールをお伝えしています。

一人一人が
自分自身の力で心と体の声を聴き
自然治癒力と免疫力を呼び覚ます事ができます。

∞温手庵∞でお伝えするツールはどれもシンプルで簡単。
日常生活で気軽に使えるものばかり。

無理なく自然にご自身の心と体に向き合って
私たちと共に
自然治癒力免疫力をアップしていきましょう。

いさお
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

ゆみこ
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・神芝居伝道師
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

カテゴリ

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました(*^o^*) 押してもいいよって方はクリックしてね♪

かうんたぁ

訪問者数

リンク

らんきんぐぅ~


2010年10月 ≪         HOME         ≫ 2010年12月