FC2ブログ

2017/12/06 Wed  14:03
【MBB】第1回感動のビフォーアフターストーリー大賞「準大賞」受賞♥

2017年12月5日(火)
マインドブロックバスター®9000名記念感謝祭にて
第1回感動のビフォーアフターストーリー準大賞をいただきました。
afuta-.jpg

ストーリーの応募内容は、
MBB創始者の栗山葉湖先生のメルマガにて一足お先に
受賞の知らせと共にご紹介いただいておりました。
5日の感謝祭では、その内容を本人の口から語っていただきましょうという企画でスピーチさせていただきました。
記録として残しておきます。

  
マインドブロックバスターに出会う2年前の2010年、
私は乳がんを発症しました。
幸いリンパなどに転移はなかったものの、
乳がんにはタイプがいくつかあり
私は数種類ある投薬治療も効かないタイプであることが判明しました。

初期であっても予後が悪く進行が早いタイプとのこと。
いわゆるガンの3大治療のうち
放射線治療を拒否のため右側の胸を全摘の手術をしています。
その後の治療は抗がん剤を一度やりましたが、
薬の副作用で肝臓が悪化し一時生死の境までいき投薬治療はやめました。

(投薬治療は検査結果で合わないと出ていたのに予防のために治療しようということに納得がいかず、
副作用の恐怖もあったので拒否し医師とバトルしたのですが・・・その辺のことは治療記に書いてあります。)
 こちら 

その後、自然療法に出会い食生活の見直しもして少しずつ落ち着いてきました。
あの時、投薬治療をやめていなかったら
マインドブロックバスターに出会うことなく
こうしてここにあたふたしながらも登壇することもなく(笑)
この世に生きていないと言っても過言ではありません。

そして私は
自分でセルフケアもできるように自身のために
体にアプローチする自然療法を習い
同じようなことで悩んでいる人の助けになればと活動を始めました。
(マインドブロックバスターも自分で心のセルフケアができますよね。)

そのおかげで
残りの人生もっと楽しみたいと思えるようになり興味があることを学んでみたり出かけたり楽しむようになりました。

しかし、体の方は元気になっていったけれど、心のどこかに再発の不安があったのでしょう。
考えないように考えないようにとするあまり気力がわかない日もたびたびありました。
(一日中、横になってボーッと過ごしちゃうとか)

やはり進行が早いタイプであることの不安はどこかに抱えていて
体のことを学べば学ぶほど
「心と体は繋がっている」ということを身をもって体験し、
同じような状態の人に体からのアプローチ方でのお手伝いはできるようになっていたけれどメンタル面でぶり返す方もいたので、
自分も含めてその辺をどうしていくかが課題だなと思っていました。

そんな時
病気がきっかけで、残りの人生もっと楽しもうと興味のある分野の学びをはじめて
その仲間と身の上話をしていたときに
「こんな手法があるよ。よかったら体験会あるから来てみない?」とお誘いを受けました。
それが3分で1個心のブロック解除マインドブロックバスターとの出会いでした。

3分で1個?イメージを入れ換える?
何をいっているの? 怪しい?...大丈夫だべが?


と思いつつ、
それでも体験してみようと思ったのにはもうひとつ理由がありました。

相方の いさお氏のことです。
私が病気になった時のショックは私よりも大きくて
この人をおいて逝けないと思ったほどでした。
(あまりのオロオロぶりに私のショックはどこかへ吹っ飛びました(笑)
こんな感じ
ga-n.jpg


それだけではありません。
時を同じくして彼は彼で職場の人間関係に悩み始めていたのです。

朝起きてベットから動く時間が少しずつ遅くなっていました。
初めはただ単に眠いからかと思っていましたがどうも様子がおかしい。
「大丈夫?」と聞いても「眠いから~」なんてごまかしていましたがそうではなかったのです。

職場で上司と同僚の板挟みでどんどん辛くなっていたのを隠していたのです。

私が病気になってしまったのもショックが大きかったし、
さらに自分がこんな状態になってこの先どうなるのか、
自分はどんなに辛くてもそれは見せてはいけないと頑張っていた
のです。

マインドブロックバスターの初体験はよくわからない、
これが正直な感想でしたが、
他の参加者さんの体験を一緒に見ていてそのイメージが面白かったり話も楽しかったので
「笑い」は免疫力アップには欠かせないので
「笑えたからいいや」と思いました。

その時の
「マインドブロックバスター、おもしろかったな」というのが頭にあって
ブロック解除を続けていくうちに元気になっていく人たちも実際にいるようだし、
何より
「おもしろい!楽しい!笑いがある!」というのに惹かれました。

病を抱えていると何かと思いつめてしまうことが多く深刻になりがちです。
辛い経験はそれを言葉にして話すことすらできない人もいる。

詳しく話さなくても心が落ち着いて
しかも簡単で楽しく、時には大笑いするこの方法なら
今後の私にとっても夫にとってもいいのではないかと思うようになりました。


そして、自分で自分の解除ができるっていいなと思い
マインドブロックバスターを習いました。


バスターを教わった先生から
「今後はもっとこの方法が必要になる方も増えてくると思うから、
それを伝えていく人が増えた方がいいと思う。
あなたたちはこちらに来てくれたけれど遠方だからと断念する人もいるかもしれない。
それはとてももったいないから伝える側になったらどうか」と言われ、
私達も同じようなことを思っていたのでインストラクターになりました。

夫婦でバスターもインストラクターも同時に取得したので
セルフ解除だけでなく
お互いに解除し合うこともできたので
日々のあれこれを練習しようといっては解除し合いました。

潜在意識から出てくるイメージもいろいろでしたが
楽しかったので
お互いに病気であること、鬱っぽくなっていたことも忘れるくらいになっていきました。


私は乳ガンの経過観察でその頃は数ヵ月に一度、半年に一度など検査に通っていましたが、
マインドブロックバスターの体験会のご予約をいれていた日が検診日と重なっていた
つまりダブルブッキングをしてしまったことにあとから気づいたという事件(!?)がありました。

それまでは常に
「もしかしたら再発...」という不安や病気に関する気がかりが頭を離れませんでしたが
不安が起こるたびにブロック解除していたらそれまで決して忘れることのなかった検診日をすっかり忘れるという出来事が起きたのです。
(医師には怒られましたが、あとでちゃんと予約を取り直して検査に行き無事を確認しました)

夫も仕事の気がかりや職場の人間関係をブロック解除していったら
自分が別の部署に移動になって気になる人と会わずにすむようになり、
新しい職場では人間関係に悩むことがほぼなくなったりしました。


genki3.jpg

悩みとリンクしていていようがいまいが
なんだそれ??というイメージとイメージをパッパと入れ換えていっただけ
です。

夫婦でブロック解除し合いながらお互いに心が楽にフラットに軽くなっていくのを感じ、
マインドブロックバスターの仲間やインストラクターさん達の応援もいただいて
マインドブロックバスターの体験会を始めて少しずつ知ってもらえるようになりました。

3年ほど前からは
「心と体に温活を」取り入れようをテーマにした体験会を主催するようになりました。
今ではほぼ毎月開催しています。

他にもあるさまざまなセラピー、
ハンドメイドの作家さん、
多ジャンルの方達の活躍の場を提供したい、
そして自分達の活動を知ってもらうためにも、
「温活」を通して夫が経験した鬱一歩手前の「軽うつ」の人や
私が経験した病気で辛い気持ちを抱えている人にマインドブロックバスターを伝えていきたい。

この手法を手にいれて
自分で心のブロック解除をし人生を豊かに楽しく生きていけるように、
そしてそれが可能なんだよという姿を見せていく。
今度はその方達が周りの人たちも豊かに楽しく生きていけるようにお手伝いしていく、
鬱を減らし自殺を減らすお手伝いができる人が増えていくように願い、

体験会、セッション、養成講座を続けています。

今ではペースはゆっくりですが、
マインドブロックバスター養成講座も13期まで開講し、

卒業生さん達がセッションをして豊かに楽しく生きていく人たちを増やしている様子、
私たちと同じようにインストラクターになって解除する人を増やしている、
コツコツとセルフ解除を続けてきて自身にパートナーができ幸せがやってきた、
職場の人間関係がどんどん変化している

ご報告をお寄せいただくことも増えてきました。 

マインドブロックバスターのインストラクターを取得したとき
「この技法を必要な方に手渡して、その方達がまず幸せになる。
そして今度はその周りの大切な人たちにもどんどん幸せになるようにお手伝いしていってくれたら嬉しい。」

という願いが叶ってきています。

葉湖先生がこの技法を手渡していこうと決めた時からおっしゃっていることがあります。
「私ではなく皆さんだから出会える人がいるのです。
だから、私はこの技法を伝えることにしました。」


平均寿命が男女とも80才前後といわれていますが、
私が乳ガンを発症したり、夫が軽うつかもという状態になったのが40代。

ちょうど折り返し地点というときに
お互いに人生のピンチがやってきてそれを乗り越えていくために
これから残りの人生じっくり自分の心と体に向き合って生きていこうと思う
きっかけの一つとなったマインドブロックバスター。

今、私たちは、この技法を必要としている人たちに出会えるように手渡していけるように
まずは自分達が今こうして笑って暮らしていけている姿をみてもらおうと
日々ブロック解除しながら過ごしています。

7日からは青森校養成講座14期が始まります。
またこの技法を必要な方に手渡すことができます。嬉しいです

改めまして
マインドブロックバスターを開発し手渡してくださった栗山葉湖先生、
養成講座、インスト講座で教えてくださった先生、
その後 講座を開講する時にサポートして下さった先輩インストラクターさん、
この会場と今日は参加できないけれど全国に海外にもいるバスターさん、
青森校の卒業生の皆さん、
この会場に駆けつけバスターを応援してくださっている皆さん、
皆さまのおかげで今日ここに相方のいさお氏とともにいられること感謝します。
ありがとうございます

マインドブロックバスター®青森校 
西舘裕美子

 

Comment
    

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

いさお&ゆみこ

Author:いさお&ゆみこ
はじめまして(^▽^)
ぽかぽかサロン∞温手庵∞いさお&ゆみこです。

ブログは2010年にゆみこが乳がんを発症。

ガンの3大標準治療と言われている
手術、放射線、抗がん剤のうち、手術と抗がん剤を体験。

その経験から
病気のことを知り、病と向き合うための選択肢は
たくさんあると知りました。

2012年には いさおが職場の人間関係のストレスから
「軽うつ」状態に。
※「軽うつ」とはうつ病と診断されていないが、それに近い状態。
その数は全国で300万人と言われています。

以来、二人で自然療法で心と体の回復を目指そうと玄米魚菜食実践中。

自然治癒力アップのために直傳靈氣療法を学ぶ。
その後、ヒーリング、アロマ、カウンセリングなどを学ぶ。

薬には副作用があります。
投薬治療を選択するなとはいいませんが
免疫力は下がります。

自己免疫力や自然治癒力をあげるには
食生活の改善や、気持ちの持ちようも大事です。

投薬治療にだけ頼るのではなく
自然療法も上手に取り入れて病と向き合っていきませんかo(*^▽^*)o

ココロとカラダの不調はスイッチオフの状態。
そんな私達のスイッチオフの状態から
スイッチオンの状態にしてくれました。

2012年 ぽかぽかサロン∞温手庵∞ オープン

私たちと一緒にスイッチ温生活始めましょ♪ということで
体験会、個人セッションを開始。

どちらも、身につけるとセルフケアと他者ケアの両方ができます。
私達がこれらのケアを学び実践していく中で
ご自身のケアと、身近な方へのケアもできる人が増えてほしいと願い

トータルで
「整える」をテーマに
現在はインストラクターとして

まずは、ご自身の心と体の
治癒力免疫力をUPし整える

住まう場所の浄化もし環境も整える

ツールをお伝えしています。

一人一人が
自分自身の力で心と体の声を聴き
自然治癒力と免疫力を呼び覚ます事ができます。

∞温手庵∞でお伝えするツールはどれもシンプルで簡単。
日常生活で気軽に使えるものばかり。

無理なく自然にご自身の心と体に向き合って
私たちと共に
自然治癒力免疫力をアップしていきましょう。

いさお
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

ゆみこ
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・神芝居伝道師
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました(*^o^*) 押してもいいよって方はクリックしてね♪

かうんたぁ

訪問者数

リンク

らんきんぐぅ~


【12/2、3土日開催】☆温活支援プロジェクト☆心・体・魂にスイッチ温♪体験会開催 ≪         HOME         ≫ MBB 9000名記念感謝祭2017☆準大賞いただきました☆ありがとうございます♡