FC2ブログ

2014/09/29 Mon  00:18
10月5日第7回ケアカフェはちのへ講演会講師のご紹介1

こんばんは 

日本生まれ、日本育ちの心身改善臼井霊気療法
直傳靈氣(R)研究会 前期・後期修了 直傳靈氣療法師
片手を触るだけ、約3分で1個、心のブロックを解除する
マインドブロックバスター(R)協会公認青森校・八戸校校長めおとマインドブロックバスター
いさお&ゆみこです。

心と体のケアサロン
ぽかぽかサロン温手庵「おんであん」(現在は出張型)で
ココロとカラダの自然治癒力&免疫力アップのお手伝いをさせていただいています

※温手庵の名前の由来
直傳靈氣(じきでんれいき)もマインドブロックバスターも手を使います。
温かい手、そして青森県南部地方の方言で「おいで」とか「いらっしゃい」は「おんで」と言います。
これが由来です。
 
温手庵 最新空き情報 
http://suzunean.blog.fc2.com/blog-entry-333.html


第7回ケアカフェはちのへ開催準備も着々と進んでおります。

おかげ様で県内各地、県外からもお申込みいただいております。
現在の参加予定者は120名を超えました。
定員150名までOKですのであと30名ほどお席ございます。
 また、キッズスペースを確保しましたので
お子様を預けられないからと迷っておられた方もどうぞ。
講演中は保育士さんがお子様をお預かりしますので安心してご参加くださいませ
  
参加申し込みはこちら⇒ 第7回ケアカフェはちのへ開催のお知らせ


ケア☆カフェはちのへの誕生から現在までの事を書いています。
こちら
ケア☆カフェはちのへって何? その① ケア☆カフェ発祥の地と代表者のお話
ケア☆カフェはちのへって何? その② ケア☆カフェ旭川から全国へ
ケア☆カフェはちのへって何? その③ ケア☆カフェはちのへ誕生
ケア☆カフェはちのへって何? その④ ケア☆カフェはちのへ第1回開催 
ケア☆カフェはちのへって何? その⑤ 講演会とケアカフェのコラボ!?

今回の講演会の講師をご紹介します。

國森康弘氏
写真家・ジャーナリスト/國森写真事務所代表
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会会員

1998年 京都大学経済学部卒業
2000年 京都大学大学院経済研究科修了
神戸新聞社記者
2003年 イラク戦争取材を機に独立
2007年 イギリス・カーディフ大学ジャーナリズム学部修了
2010年 國森写真事務所代表就任 

國森さんはイラクなどの紛争地、東日本大震災での「悲しい死」と
看取り・在宅医療の現場での「あたたかい死」を数多く取材されています。

近年では地域医療に携わっているドクターに密着しながら
看取りの写真を撮り写真集を出版、各地で講演をされています。

國森氏写真集

写真集の中に
「恋ちゃんはじめての看取り」があります。
恋ちゃんは、おおばあちゃんと一緒に暮らしていました。
おおばあちゃんが息を引き取った時は恋ちゃんは眠っていたので死に目にはあえていません。
翌日、恋ちゃんはおおばあちゃんと対面します。
恋ちゃんのおおばあちゃんの頬にそっと手を当てている写真には
おおばあちゃんの死と向きあう恋ちゃんの姿がありました。

人生の最期を迎える場所は病院だったり、自宅だったり。
どこで迎えるかはその時の状況によりどうなるかはわからないけれど
家族に囲まれ最期を迎えることは、
残された家族にとって生きること、命について考えることにも繋がっていくのだなと
写真集を通して教えられます。

看取る者に命のバトンを手渡して旅立つ

“人生の最期”を見つめるカメラマン國森康弘さんは
在宅での看取りに密着しながら
この命のバトンリレーを見つめています。

國森康弘氏講演
 「いのちをつなぐということ
 ~看取りの現場に想う~」

國森さんの
書籍販売&サイン会もございます。

当日は密着取材の写真を見ながら
現場で感じた事、想った事を語ってくださいます。

ぜひ、ご一緒に拝聴しましょう。

あ、前回のブログで朗報がって書きましたけど
その話は次回 (#/__)/
Comment
    

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

いさお&ゆみこ

Author:いさお&ゆみこ
はじめまして(^▽^)
ぽかぽかサロン∞温手庵∞いさお&ゆみこです。

ブログは2010年にゆみこが乳がんを発症。

ガンの3大標準治療と言われている
手術、放射線、抗がん剤のうち、手術と抗がん剤を体験。

その経験から
病気のことを知り、病と向き合うための選択肢は
たくさんあると知りました。

2012年には いさおが職場の人間関係のストレスから
「軽うつ」状態に。
※「軽うつ」とはうつ病と診断されていないが、それに近い状態。
その数は全国で300万人と言われています。

以来、二人で自然療法で心と体の回復を目指そうと玄米魚菜食実践中。

自然治癒力アップのために直傳靈氣療法を学ぶ。
その後、ヒーリング、アロマ、カウンセリングなどを学ぶ。

薬には副作用があります。
投薬治療を選択するなとはいいませんが
免疫力は下がります。

自己免疫力や自然治癒力をあげるには
食生活の改善や、気持ちの持ちようも大事です。

投薬治療にだけ頼るのではなく
自然療法も上手に取り入れて病と向き合っていきませんかo(*^▽^*)o

ココロとカラダの不調はスイッチオフの状態。
そんな私達のスイッチオフの状態から
スイッチオンの状態にしてくれました。

2012年 ぽかぽかサロン∞温手庵∞ オープン

私たちと一緒にスイッチ温生活始めましょ♪ということで
体験会、個人セッションを開始。

どちらも、身につけるとセルフケアと他者ケアの両方ができます。
私達がこれらのケアを学び実践していく中で
ご自身のケアと、身近な方へのケアもできる人が増えてほしいと願い

トータルで
「整える」をテーマに
現在はインストラクターとして

まずは、ご自身の心と体の
治癒力免疫力をUPし整える

住まう場所の浄化もし環境も整える

ツールをお伝えしています。

一人一人が
自分自身の力で心と体の声を聴き
自然治癒力と免疫力を呼び覚ます事ができます。

∞温手庵∞でお伝えするツールはどれもシンプルで簡単。
日常生活で気軽に使えるものばかり。

無理なく自然にご自身の心と体に向き合って
私たちと共に
自然治癒力免疫力をアップしていきましょう。

いさお
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

ゆみこ
・直傳靈氣療法師師範格
・マインドブロックバスターⓇインストラクター
・神芝居伝道師
・音霊祓師教導(地場調整師)中伝允可 初伝講師
・アクセスバーズⓇプラクティショナ―

カテゴリ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました(*^o^*) 押してもいいよって方はクリックしてね♪

かうんたぁ

訪問者数

リンク

らんきんぐぅ~


ケア☆カフェはちのへって何? その⑤ 講演会とケアカフェのコラボ!? ≪         HOME         ≫ 10月5日第7回ケアカフェはちのへ講演会講師のご紹介2